酸素ナノバブル水を活用した観葉植物の経過状況

酸素ナノバブルの水中で、胡蝶蘭が1ヶ月以上も元気に咲き続けています。

水中に放置した状態で1ヶ月以上が経過していますが元気に花を咲かせ続けています。室内は冷えきっている状態で、ヒーターを入れても水温は15℃以下の状況です。

ここで紹介しなかったのですが、実は二酸化炭素ナノバブル水の中にはサボテンを入れて(完全水没)放置しています。花は魚に食べられてしまっていますが、植物自体は元気です。ただ、サボテンにとって負担となる要因か否かの判断が付きませんでしたので、写真での紹介はしませんでした。一方、胡蝶蘭は水やりが難しい植物であり、この様なことを行うとすぐに根腐れを越こして枯れてしまうとのことでしたので、引き続き検証を進めたいと思います。

2007.10.25:胡蝶蘭01

2007.10.25

2007.10.30:胡蝶蘭01

2007.10.30

2007.11.19:胡蝶蘭01

2007.11.07

2007.11.07:胡蝶蘭02

2007.11.19

2007.12.03:胡蝶蘭02

2007.12.03

ページの先頭に戻る