開発ヒストリー

REO研究所と独立行政法人産業技術総合研究所環境管理研究部門との共同で、世界で初めて、ナノバブルの製造と安定化技術の確立に成功した。

ナノバブルイメージナノバブルは直径が1μm( 1マイクロメートル:100万分の1メートル)以下の超微細な気泡であり、通常はマイクロバブル(直径が50μm以下)が水中で縮小する過程において生成するが、物理的に極めて不安定であるため、短時間で消滅する。

REO研究所と独立行政法人産業総合技術研究所は、電解質イオンを含む水の中でマイクロバブルを瞬時に圧壊させることで、ナノバブルの製造と安定化に成功した。詳細なメカニズムは現在検討中であるが、マイクロバブルの圧壊の過程で水中のイオン類が気泡周囲に濃縮することで、静電気的な反発力を生じて、気泡が完全に消滅することを抑制していると考えられる。

また、濃縮したイオン類が気泡を包み込む殻として作用することで内部の気体の散逸を防止している可能性も高い。ナノバブルを含む水は物性的には通常の水と顕著な違いを生じないものの、ナノバブル化された気体の特性を併せ持つことが特徴である。今回開発したナノバブルの製造・安定化技術により生成したオゾンをナノバブルとして含む水は、通常、常温、常圧下の開放した条件では数時間で散逸してしまう水中のオゾンを、一ヶ月以上に渡って保持することができる。これにより医療や食品製造などの現場において、殺菌効果のあるオゾン水を手軽に使用することが可能となる。

また、酸素をナノバブルとして含む水には、魚介類の環境変化に対する適応性を向上させたり、生物に対しての活性効果を認めることができる。ある程度の塩分濃度環境において、多種類の淡水魚と海水魚を6ヶ月以上の期間に渡って同一の水槽内で共存飼育することが可能であった。また、淡水・海水魚への影響調査において、捕獲時に衰弱した魚のほぼ全てが1 % 程度の塩分を含む酸素のナノバブルの水の中で急速に回復することを確認した。

これらのことから、酸素のナノバブルと微量のオゾンのナノバブルとを組み合わせることにより、感染症で虚弱化した魚介類の体力を維持させながら菌やウイルスを除去できる可能性があり、抗菌剤や抗生剤を使用しない魚貝類の養殖技術の確立につなげていく予定である。また、医療や食品加工、畜産業などでの利用も可能である。

これにより医療や食品製造などの現場において、殺菌効果のあるオゾン水を手軽に使用することが可能となる。また、酸素をナノバブルとして含む水には、魚介類の環境変化に対する適応性を向上させたり、生物に対しての活性効果を認めることができる。ある程度の塩分濃度環境において、多種類の淡水魚と海水魚を6ヶ月以上の期間に渡って同一の水槽内で共存飼育することが可能であった。また、淡水・海水魚への影響調査において、捕獲時に衰弱した魚のほぼ全てが1 % 程度の塩分を含む酸素のナノバブルの水の中で急速に回復することを確認した。これらのことから、酸素のナノバブルと微量のオゾンのナノバブルとを組み合わせることにより、感染症で虚弱化した魚介類の体力を維持させながら菌やウイルスを除去できる可能性があり、抗菌剤や抗生剤を使用しない魚貝類の養殖技術の確立につなげていく予定である。また、医療や食品加工、畜産業などでの利用も可能である。

開発TOPICS
ページの先頭に戻る